スローライフ田舎暮らし

慌ただしい都会の喧噪から離れて田舎暮らしをしてみたい。ゆっくりと時間の流れるスローライフを楽しみたい。多くの方はそう思っていても住み慣れた便利な都会から見ず知らずの田舎に移り住むことは、今までに築き上げた地域のネットワークの大部分を失うことになり、なかなか出来る事ではありません。しかし都会から離れてのスローライフや田舎暮らしは、都会では得ることの出来ない多くのものを得る事が出来ます。無趣味で思い生活習慣病を患っていた人が田舎暮らしによって健康を取り戻した例も少なくありません。就農し、よく体を動かし、バランスの取れた食事を取る事に勝る健康法は有りません。田舎暮らしでしか出来ない趣味に没頭したり、新規就農したりと、スローライフを楽しめる田舎暮らしをぜひ実践しましょう。

スポンサーリンク

人口の減少の進む中、特に減少率の高くなっている自治体では、団塊世代の定年後の田舎暮らし移住誘致政策に取組んでいます。国からの補助金や交付税の減少による、今後の財政難が見込まれており、行政サービス水準の維持が困難になることが心配されているからです。インフラを整備して工場の誘致するなどの財政的余裕もなく、団塊世代が消費者として田舎暮らし、移住してくれることに期待がかけられています。各都道府県では共通してホームページでの移住案内に力を入れています。問い合わせの総号窓口を設けるなど、早い対応をしようと工夫しており、住宅、就業や定住の情報案内や、助成金情報、食情報なども掲載しています。総務省でも、「交流居住のススメ全国田舎暮しガイド」を立ち上げ、都市市民に向け交流移住政策に取組む自治体から積極的に情報発信することを手助けしています。
また、全国農協中央会などが設立したNPO法人ふるさと回帰支援センターでは、田舎暮し希望者への情報提供や移住相談、自治体の態勢づくりへのアドバイスをしている。また自治体は財政難の深刻化しているだけに、新たな投資をほとんど必要としない公営住宅、分譲住宅や空き地、空き家を活用して受け皿にしようというところが多い。リフォーム代を補助するなど、ユニークな空き家活用策を行なっている自治体もあるようです。田舎暮しを始めたものの、新しい土地に馴染めないという場合も考えられます。移住前に土地の様子を知るために、短期、長期のツアーを組んでいる自治体もあります。
移住誘致に自治体が力を入れる中、移住先として人気のあるのは沖縄、北海道、長野です。地域に特色があり、自然に恵まれているところが魅力で、観光地としての人気のあることから、行った経験のない土地よりも田舎暮らしを身近に感じることができます。移住についての問い合わせも多く、相談体制は整備されているようです。各地での田舎暮しの支援が進む現在、退職後の新しい生活のスタートとして田舎暮しを選択する人が今後ますます増えて行くことが考えられます。

田舎暮らし

スローライフ

スローライフとは、スピードや効率を重視した現代社会とは対照的に、ゆったりと、マイペースで人生を楽しもうというライフスタイルを意味します。日本では、スローフードから浸透した言葉であるとも言われています。昨今の経済競争は、場所のみならず時間をも問わないものとなっています。たとえば、アメリカが深夜であるときに、インドでは日中であるため、双方の国に拠点をおけば、まさしく24時間、常に経済活動を続けることができます。このように、昨今の経済競争では、発展途上国とのお金や労働賃金格差に、時間的な要因も加わり、効率化に拍車をかけています。この競争の激化の影響は日本でも徐々に現れており「勝ち組」「負け組」といった言葉で表される二極化が見られています。高い能力を持つ一部の人が、高給をもらう「勝ち組」と呼ばれ、産業構造的に高い利益率を持たない業界や、発展途上国に仕事を移転しうる業界の人が「負け組」と呼ばれます。ただこれは、経済的観点からのみ勝ち負けと呼んでいるものであり、概して「勝ち組」と呼ばれる人は、労働時間の長い過酷な労働をこなしていることが少なくなく、言葉のように人生の勝者を意味しているわけではありません。スローライフは、そのような大量生産・効率化といった考えとは反対に、時間的に余裕を持ってゆったりと生活しょう、という生活様式を意味します。例えば、都会を離れ、地方の市町村で農業を営んで生活するというライフスタイルがこれにあたります。山間の町村では過疎化に悩んでおり、都会から移ってくる人を歓迎することも多くなってます。林業を営む山村では、若年の夫婦の移住を優遇するようなところまであります。団塊世代の大量退職や、小子化による人材不足などが相まり、今後は、先の農村への移住への移住といった。多様なライフスタイルが生まれてくるでしょう。スローライフはそういった今後のライフスタイルの選択肢として、大きな魅力をもったものだといえます。

田畑

農地の所有権移転/ 小作契約/ 農業用動産の担保化/ 保安林/ 農業生産/ 農民経済の不安定と土地所有/ 農村社会の変容/ 農地を売買するときに注意することは/ 民宿の経営/

プライバシーポリシー

田舎暮らし

スポンサーリンク