漁村の居住地

漁村を単純に漁業者の集落と考えたとしても、そこには経営形態により異なった性格のものがあります。つまり漁民の多くが小型漁船を所有し、主として1本釣りかせいぜい廷繩程度の経営をしている漁家の集団もあれば、中小規模の船主とその船子の組みあわせの集団もあります。こうなると非漁業者がそうとうその集団のなかに加わってきます。さらにまた大規模の遠洋漁業の根拠地ともなれば、雇傭労働者群が卓越し、漁村というよりは市街地をさえ形成するようになります。また漁業型態からみても、そうした遠洋漁業のほかに近海や沿岸の漁業、磯漁業などもあり、その他に昆布やのりの採集加工を主とするものや、真珠やかきの養殖加工を主とするものの混在することもあります。これらはいずれも生産の対象が海であるため、居住地は可及的海辺部に選ばれるのが当然です。一方で漁村の立地からいうと、なんといっても港湾の造成が自然的ばかりでなく、人工的にでも可能であることが望まれるわけですが、しかし砂浜や機にでも漁村は発達します。前者にあっては丘陵地が海岸に近く迫っている場合もあり、したがって居住地は狭隆な海岸地帯にひしめきあい、その多くは過密になる傾向が見られます。しかし砂浜地はもとより、多少でも広い居住地の得られる場合、その住宅密度が低下するかというと、その程度はきわめて微々たるものであって、やはり漁家群は海岸線に治って延びはしますが、いぜんとして過密の状態からのがれようとしません。そのうえ背後地に農地があれば、兼農の業態を示すようになります。そしてこの場合は、宅地にもやや空地を残し、過密の状態はわずかながら緩慢になります。

スポンサーリンク

昭和8年に三陸に大津波が襲来し、三角形に湾入したリアス式漁村では、家屋の多数が倒壊流失しました。当時の記録によれば、その数6600戸にも及ぶといいます。その結果復興対策として、海辺の住居地の高地移転が提唱され、国はそのための助成をするというわけでした。幸いほとんどの漁村は、背後地が直ちに丘陵地であったため、連絡道路もその中腹に変更し、そこに住居地を造成しました。その結果、坂の登り下りの不便もさることながら、人為的に漁業者を海から遠ざける形になってしまいました。もちろんそれによって物理的に津波の再来を防止することはできましたが、漁業者の日常生活は、当然のことながら不便きわまりないものになりました。そこで旧地に復帰するものが徐々にでき、旧態を再現するのに10年の歳月は要しなかったのです。この事実から考えても、集落計画上、漁家の居住地の設定は、安易にはできません。かつて同潤会で行なった東北地方の漁村集落の計画方針では、沿岸に漁業用地、ついで工業用地、それに接して後方に住居用地を設けることになっています。もちろん漁業の性格により、また地域の状熊によっては、工業用地と住居用地との問に緑地を設定し、公害防止に当てるなどの配慮もなされなげればならない場合もあります。しかしそれは生活環境を良好にする意味もありますが、あまり広大なものは、かえって問題の種になります。
船主に依存する漁業労務者および背後地のない漁港の周辺に密居している漁業者と、農業を兼ねている漁業者とは、おのずから性格を異にし、兼農者のなかでも、農業への依存度によって差異が見られます。この場合農業の従事者はもっぱら主婦ですが、そうでない場合も多少はないはけではありません。
いずれにしても完全に漁業にのみ専念するか、あるいはそうせざるをえない地的環境にある漁業者は、比較的資産の蓄積観念に乏しい傾向が見られます。つまりは一獲千金を夢みるといった、刹那主義的生活におぼれる者が多く、したがってシケが長期にわたれば、乏しい家材を売り払ったり、質入れをして借財で糊口をつなぐことを余り意に介しません。しぜん生活に計画性がなく、そのことがやがて住宅にも影響して関心が薄く、居住意識はきわめて低い傾向がありました。
一般的にいって、例えば潜海漁業を除いては、女子は漁業に直接的つながりをもつことは稀です。したがって女子は家居の時間が長く、ややもするとその時間を無為に過ごしやすい。しかしもし海産物の処理や加工その他、なんらかの職場があれば、女子はその職業に就くこともあります。それにしても概して生産には関連をもたない風習があるようです。しかしもし女子がこのような漁業以外の職業や兼農の面で収入を得るようになると、住居に対する感心が高まり、新しい耐久消費財を備えようとする意欲がわくように見えます。
しかし他方そうした漁村にも、近来都市化の波が押し寄せてきています。ことに都会人によって、海が一つの観光資源としてとりあげられるようになると、そうした傾向は一層顕著です。そうなるとその日暮らしの安易な生活態度に不安と焦燥がわき、そして不満を感じるようになる結果、いささかでも恒常的な収入の道をと求めるようになります。このような状態は、特に多くの漁村に見られます。

田舎暮らし

農村社会の変容/ 農村住宅の慣行/ 農村住宅の史的展望/ 既存農村住宅の空間構成/ 新築の農村住宅/ 居住用空間の形成/ 農村住宅の居住空間/ 漁村の居住地/ 漁村住宅の特長/