ダイコン

ダイコンは年中出回る野菜で、現在では品種改良が進み、一年中ダイコンの全盛です。特に青首ダイコンは辛くなく、日本人の味覚に合っています。どんな種類のダイコンであっても成育不良のダイコンは辛みがあるために、一部肥料の量を調整すると甘いダイコンや辛いダイコンを作ることができます。ダイコンは品種が豊富な野菜で、時期と品種をあわせることが必要です。初夏には青首系はトウが立ちやすく作りにくいために、時無しなどが適しています。秋冬は青首系が作りやすく、漬け物用のダイコンもあり、ぜひ作ってみたいものです。有機無農薬でダイコンを作る利点は間引き物を含めて、葉を食べることができるというものです。農薬を使った場合では葉を食べることができません。昔はダイコンといえば三浦大根や練馬大根を連想させましたが、近年では見かけることが少なくなりました。三浦大根は三浦半島が産地でしたが、昭和50年代に三浦半島を襲った台風により、作付けしたダイコンが壊滅的な打撃を受けました。そこで、当事関東ではあまりなかった青首ダイコンの種を播くことにし、これによって青首ダイコンが全盛期を迎えることとなりました。三浦大根は大きく中太りであるために引き抜くことが大変でしたが、青首ダイコンは小さく引き抜きやすいために労働が比較にならないほど楽になりました。これをきっかけとして三浦大根のシェアは少なくなっていきました。

田舎暮らし

農園/ 有機農業/ キャベツ/ ホウレンソウ/ ネギ/ トマト/ ダイコン/ ジャガイモ/ ニンジン/ サトイモ/ ナス/ キュウリ/ ピーマン/