キャベツ

キャベツは一年中野菜であるために切らさないで作ることが大切です。キャベツには巻きが緩やかで柔らかい春系としっかりと巻いている従来型の2種類に大別されます。アブラ科であるためにトウ立ち寸前の充分に完熟したものがおいしくなります。
春播は収穫時期が短く、すぐトウ立ちしたり、割れたりします。夏播き、秋播きは比較的簡単にできます。キャベツは苗を育てて定植しますが、丈夫なので取扱いは簡単です。定植するときに根を少し切った方が良いと言われています。
育苗期間や巻始める前までの虫対策は必ず行なった方が良く、この頃に大きな寒波に遭うと致命傷となってしまいます。ヨトウムシが発生したら捕獲しましょう。キャベツは小さいうちは昼間は土の中にもぐりますが、大きくなると葉の付け根の裏側に隠れます。キャベツはモンシロチョウやコナガの最も好む作物で、キャベツ生産地では週一回の農薬散布を欠かすことができません。特に大生産地での収穫のキャベツとブランド化しているものほど、農薬散布が回数が多くなります。しかし自家用のキャベツは無農薬有機栽培で虫食いキャベツ作るのが一般的な農家よようです。

田舎暮らし

農園/ 有機農業/ キャベツ/ ホウレンソウ/ ネギ/ トマト/ ダイコン/ ジャガイモ/ ニンジン/ サトイモ/ ナス/ キュウリ/ ピーマン/