都市通勤田舎暮らし

田舎暮らしを躊躇する最大の理由は子供の通学、そして勤務先の問題でしょう。過疎地の田舎では職業の数も職種もだいぶ限られてしまいます。しかも都心部での収入よりも収入が大幅減です。田舎暮らしは都市暮らしよりも出費が抑えられるといっても、これはかなりの痛手です。しかし昨今の道路事情では日本中のかなりの広範囲において道路整備が行き届いており都市部から車で一時間の所でもかなりの田舎に来る事が出来ます。車で一時間なら十分に通勤圏内になります。昼間は都心部での会社勤め、夜や週末は田舎暮らしともっとも理想的な形態ではあります。しかも都心部から一時間程度の地域だとバスや電車などのライフラインも整備されており、通学や大きな病院に行く事も可能な範囲です。それに人里離れた過疎地などの地域に移り住んだ場合などは、最初は静かでのどかな場所が良いと思いますが、都会人には変化の乏しい地域に移り住むと、どうしても飽きてしまい健康衛生上よろしくない事態を招きかねません。たまに都心部に出れる方が良いストレスの発散も出来ます。ある意味、都市通勤田舎暮らしは最も理想型かもしれません。

田舎暮らし