優良田園住宅

ほぼ、ほとんどの農村地域は市街化調整区域に属しており、市街化調整区域では市街化を抑制する区域のため建物類や住宅などの建設は規制が厳しく、その地域に以前から住んでいる人でなければ、なかなか建築物の許可が出ないのですが、昨今の農山村地域の状況も考慮して優良田園住宅の建設の促進をしています。優良田園住宅とは、農山村地域、都市の郊外等に自然的環境を形成している地域に所在している一戸建てで、敷地面積300平方メートル以上、建ぺい率30パーセント以下、容積率50パーセント以下、3階建以下の住宅。及び住宅用に供する土地の所在、面積、周辺の土地利用の状況からみて、住宅用地とすることが必要かどうか、農用地区域からの除外や農地転用許可が可能かどうかなど。優良田園住宅の基本方針は各市町村によって大きく考え方の違いがあり、すんなり認める市町村もあれば、なかなか許可を出さない市町村もあります。事前に問い合わせた方が無難です。

田舎暮らし