バイオダイナミック農法

バイオダイナミック農法は、哲学者であり科学者であるオーストリアのルドルフシュタイナー氏が提唱した農法で、紅茶やワイン通の方にはわりとよく知られた農法です。農薬や科学肥料を一切使わず、天然のハーブや鉱物、家畜などを利用して作った特別な方法によって作られる調合剤を使用します。通常の有機栽培と同じように感じますが決定的に違うのは、種まきから収穫までを太陽や月及び、星座の位置関係によって種まきから収穫日を決めることです。宇宙や地球そして植物の持っている自然エネルギーを最大限に活用し植物の生命力が高まります。迷信のように感じますが、シュタイナー氏以降の研究者の研究により成果が、実証されています。現在では欧米をはじめとして世界中に定着しつつあり、日本でも幾つかのグループが活動しています。バイオダイナミック農法で作られた農産物は高品質で有機農業の最高峰との評価をされています。

田舎暮らし