クロスコンプライアンス

農業における農薬等の影響における環境問題の関心の高まる中、農産物の生産がもたらす環境負担の軽減と環境保全の重視が農業において非常に重要な課題となっています。環境保全に対する農家の関心は非常に高く、実際に環境保全を重視した農産物の生産も広がりつつあります。しかし昨今の農業情勢による農家経営の圧迫などの理由により、環境保全に完全に移行するには多くの難題が待ち構えています。そこで農林水産省が政策として農業者が環境保全に向けて最低限度取り組むべき環境基準を設定し、これをクリアした農業者には各種の支援策を講じていく制度、つまり、農薬化学肥料の不使用等による収入減、コスト増の補填等です。他の直接支払いを受けるときに、なんらかの環境に良い行為の達成を求めることがクロスコンプライアンスです。

田舎暮らし