エコファーマー

持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律において、エコファーマー制度ができました。エコファーマーは、堆肥などの土作りを基本として化学肥料、化学農薬の使用量の低減をするための生産方式を農業経営に導入する計画を立て、都道府県知事に申請し、県知事に承認された農業者の愛称名です。エコファーマーに認定されると、農業改良資金(環境保全型導入資金)の優遇や税制上の特例措置が受けられます。安全、安心を伴う環境保全型農業者の数は、確実に増大していますが、それにともない、エコファーマーは環境保全型農業の推進役として非常に大きな期待をされています。一方で消費者側からもエコファーマーの作られた農産物が、地域の環境に配慮した農産物であると期待されています。そのため、県ではエコファーマーが計画通りの技術を導入しているか、違法な農薬等を使用していないか、などの状況調査をしており、エコファーマーの信頼性を高めるために関係機関と一体となって環境保全型農業を推進しています。

田舎暮らし