農業法人への就職も

近年、海外から安い農作物の輸入などにより国内の農業の衰退、農家の廃業などにより農家が農地を手放す傾向が多くなり、国が農業を育成するために農業法人の設立を促進しています。その傾向は今後もますます強まり、法人化することによって積極的に事業としての多角化を計り始めています。法人化することによっていままでは難しかった農産物の加工食品の開発などが上げられます。採れた農作物の加工業に着手することによって冬季間の仕事が途切れていた期間にもなんらかの形での仕事の存続が可能となりました。これにより年間を通じての雇用が可能となり、農業法人が雇用の受け皿になりつつあります。それにより他との価格競争、独自の販売路線の開拓などにも積極的に農業に取り組む農家が増えてきており地域の活性化にも役立っています。今後はこれらの農業法人などに就職し何年か農業を実践し技術を習得したのち農業として独立することがリスクの少ない選択の一つでもあります。

田舎暮らし