移動耕作

移動農業とも言われ部落に定住していながらも、農地耕作の輪作などを行う農業形態や耕作地を転々とする農業形態。単純に焼畑農業のことを示すこともある。焼畑農業では森林を倒し樹木や草などを燃やして灰を肥料として雑穀類などを栽培する農法。数年間作物を栽培してから土地を放置し、他の場所に移転して焼畑農業を行う。焼畑農業に使用した土地は再び焼畑農業に使用できるまで20年以上を要し、継続的に行うには広大な土地を要するため現代社会においては焼畑農業といえば効率の悪い事の代名詞のように言われます。アジアの各国では現在でも焼畑農業を行っている国も多く森林資源の減少による環境破壊のにつながるとの批判も多い。日本でも太古から行われていた農法で伝統もあり歴史も古いが、現在では一部の研究的な意味合いでの実施に留まり、ほとんど行われていない。

田舎暮らし