農村地域の女性起業

今、農村地域で女性起業が増えています。農業従事者の割合が女性の方が多くなり起業活動も活発になっています。そもそもが封建的な地域での農山漁村での女性の地位も低く労働報酬も得にくく自立が困難でしたが、社会情勢や各関係機関などの後押しもあり、職業人として認識され主体的に活動できる基盤が整ってきました。むしろ現在の農村地域では女性が中心となって農業経営を起こし地域の農産物や資源の活用及び、就業機会の創造や新たな収入源の確保などの経済活動が活発化しています。特に、農と食をつなぎ合わせる取り組み、農家レストラン、ファーマーズマーケット、農産物加工、などは女性の視点なしでは考えられず、生産者と消費者の橋渡役としての役割も大きく、農山村地域の活性化は女性起業家なしでは考えられず、その役割は今後も大きく期待されています。

田舎暮らし