耕畜連携

農業基本計画において食料自給率の向上を目的とした自給飼料増産を図り、耕種農家と酪農家の農業経営者が飼料生産と堆肥において連携し、資源循環型農業を構築すること、食の安全性の関心が高まり、輸入食料品の安全性などの問題が注目されている昨今及び、今日の農業の情勢による農業の担い手の不足による農業従事者の高齢化や、山間部の農村地域での過疎化問題、及び米の需要低迷などで稲作農業の先行き不透明な今日において、飼料作物は麦や大豆と並び重点化作物とされ、耕畜連携による飼料作物の生産拡大が期待されています。関係機関の後押しや協力及び多角的な支援もあり、酪農家が家畜排泄物の堆肥化に取組み、土作りの積極運営を図っている地域もあり、耕畜連携が広範囲にわたる効果を生み出し、地域全体の農業の活性化につながると、推進されています。

田舎暮らし