地産地消システム

最近の食の安全性や信頼性が揺らぐ状況下の昨今、スローフードの流行もあり、地域農村を問わず、地元で採れた農産物を地元で消費する形態です。地産地消費システムを採用することによって、輸送コストの低減、鮮度の保持、生産者と消費者の信頼関係の構築、地域経済の貢献度、地元農産物への愛着などがあり、学校給食での採用やファーマーズマーケットでの販売など積極的に取り組まれています。しかし、地産地消費システムを完全にすることには多くの難題があり、自給に積極的でない農家や、金銭的に自給よりもスーパーなどでの購入のほうが、簡単で値段も安いため商店での購入を優先する農家、地産地消費になんの感心もない消費者などが上げられます。そんな状況下のさなか、地元自治体や農協も地産地消費を新たな農産物の販路として積極的に取り組もうと自給野菜の作付けを積極的に勧めています。しかし地元住民の地産地消費システムの現状の危機感がなければ一時的なスローフードブームに終わってしまうのが現状です。

田舎暮らし