ファーマーズマーケット

朝市や直売所に代表されるファーマーズマーケットが、今売り上げを伸ばしています。八百屋などの野菜の専門店が街から消え、スーパーの店頭販売が全盛となり、生産者と消費者との距離が大きく離れつつあった今日に、海外からの農産物の輸入品による食の安全性の問題が注目されたこともあり、消費者が生産者と地場産農産物に安心を求めることになったためと思われます。これまでの食の大部分を輸入品に頼ってきた食生活に反省を求めることとなり、既存の流通市場の問題点を浮き彫りにすることとなりました。外食産業の求める農産物の過剰規格品とスローフードなどに代表される地産地消、旬産旬消などの消費者と生産者との距離が非常に近い農産物の直売所に二極化されることとなります。その流れは今後いっそう強まる傾向となりファーマーズマーケットの需要は拡大しつつあります。

田舎暮らし