担い手経営安定対策

コメの政策改革により、効率的で安定的な農業経営を目指す担い手を育成、及び確保するため稲作農家の経営安定を図るための政策です。対象は認定農業者又は一定の集落営農組織であること、水田規模が一定の水準であること、稲作所得基盤確保対策に加入していること、などが上げられます。直近3年平均の稲作収入の差額の9割を補填するもので補填額を上回る補填が実施されます。そもそもこの担い手経営安定対策は、米の価格下落による稲作収入の減少の農業経営者を対象に、産地づくり推進交付金の米の価格影響緩和対策が講じられることを前提に稲作収入の安定化を図る対策として講じています。近年の補填単価は、収穫量の減少と価格の低下によって各地域とも高額な補填金額になっているようです。加入資格の確認や加入契約の手続きはJA等で行っています。

田舎暮らし