集落営農

農作物の国際的な競争が加熱する中で、一個人での農業経営では限度があるため、集落を一つの単位として農業生産の一部あるいは全部を共同体、統一化する営農のことを「集落営農」といいます。そうすることによって機械設備や施設の過剰投資を解消し、集落単位での農地利用や合理化、協同利用や協同作業によるコスト削減が図る事ができます。しかも集落営農により地域住民との連帯感や相互理解が深まり、離農者や耕作放棄地の防止に役立ち、その地域の農村文化の伝承や農村の景観保全することができます。集落営農は農業の発展に効力を発揮して農林水産省では水田農業の担い手確保の一環として、一元的な経理や法人化計画を持つなどの一定の要件を満たす集落農営の経営体を集落型経営体として各種支援を行っています。

田舎暮らし