有機農法

農薬、化学肥料、除草剤を使わない農業で、古来からある農法に近い農法です。近年の健康志向による有機食品、オーガニックフーズブームや、農薬などの使用による環境悪化の懸念などもあり、有機農法の事を耳にする機会も多くなりました。有機農法では堆肥を使用しますが、腐熟させるためには1年以上の期間を要します。そして堆肥を作土中に蓄積させ、土作りに数年程度かかります。しかも通気性や保水性を確保するために頻繁に耕起が必要となります。大規模な面積での作業は労力、費用ともに膨大になります。化学肥料を使っても堆肥を使っても明確な差がないなどという意見や、さらに作物の外見上が必ずしも良くないことや、生産性が悪いなどとの問題点もあり、近代的農業方法ではないというのが一般的です。しかし有機農法というイメージが、現在のライフスタイルに合っていこともまた事実であり、有望な農法です。

田舎暮らし