分収林制度

国有林野事業の一環として行われているもので、契約者として参加する方に国有林野に木を植えて、一定期間育て、成林後分収木を販売し、その利益を国と造林者と分配する「分収造林」と育成途中の森林について、費用の一部を負担してもらい、伐採時に国と収益を分け合う「分収育林」があります。分収造林は国有林野のある地域の林業振興を目的にしており、分収造林地で行う造林、保育には、民有林と同じく造林補助制度を利用することもできます。国と分収造林契約を結ぶためには、造林保育及び管理を確実に方であることが必要です。しかし、これらの作業は地元の森林組合等に委託することも可能です。契約期間は樹種によって異なりますが、最長で80年です。とても契約者の世代ではありません、孫の世代になります。孫の世代の収益になります。まさにスローライフすぎるほどスローライフです。

田舎暮らし