援農

農業従事者の高齢化や担い手不足に悩む農村には、作付時期や収穫時期の農繁期には人手不足になります。そこで農村地域以外の都市住人が農繁期に無償で、あるいは有償での農家の手伝いをすることが援農です。似た主旨の農業ボランティアもあります。都市住民にとっては余暇活動の一環や、経験したことのない仕事への関心などや、地域の人々との交流ふれあいを求める等などがあり、人手不足の農村では労働力の確保する意味でも協力は欠かせないものとなっています。また、昨今の農産物に対する食の不安などに対する農産物の理解や、農業への関心を高める機会にもなるため、行政や各関係機関などが都市住民に対して援農の斡旋や農業ボランティアを募るなどや、農業研修を実施したりするケースも多く、安定した労働力の確保や、農村地域の人手不足解消の努力につとめています。

田舎暮らし