フードガイド

昨今の食生活の乱れによる肥満や生活習慣病を予防の観点などから厚生労働省と農林水産省が共同して食生活の改善や健全な食生活の普及のためにの指針としたものです。日本国民の各自各々が心身ともに健康で豊かな食生活の実現のために具体的な行動ができるように、野菜の摂取不足、食塩や脂肪のとり過ぎ等の問題点や、食事バランスを考えて、適切な食事の採取量などに対して、食生活指針を普及することにより、より多くの人々に栄養や食生活についての関心や必要な知識のを身に付けてもらい、食生活の上の問題解決や生活習慣病や肥満の改善に結び付けてもらうことを目的としています。同様に食育基本法が成立していますが、食育基本法は現在の状況に警笛を鳴らし、食に関する施策の強化や充実を求めています。

田舎暮らし