フットパス

イギリスの楽しんで歩くための道です。フットパスはイギリスでは伝統と格式があり、ルールやマナーが厳しく定められています。農村地域を中心にイギリス全土に広がっており、イングランド、ウエールズのフットパスだけでも全長で20キロメートル以上にも及びます。道のある所は歩いても良いという考えで民間の住宅の敷地や農場の中にもフットパスが存在しています。フットパスになれば土地所有者が立ち入りを拒否することはできません。これは日本の私道の変更が不可能の場合と似ていますが、日本の場合は生活に必要な場合の道であって、歩く事を楽しむための道ではないので、その辺は文化の違いなのでしょう、近年、日本でも自然回帰の影響もありフットパスの開設する動きが盛んです。イギリスのように余暇の楽しみ方として農村地域を歩く事も浸透しつつあります。

田舎暮らし