クラインガルテン

農村地域などの農地の休閑地が深刻な問題となっている地域では、地方公共団体や農業協同組合などの法人以外にも市民農園の開設が可能となり、全国で誰でもが市民農園の開設出来る様になりました。市民農園の形態として都市在住の方々が、自宅から通って利用する日帰り型の市民農園と、市民農園に滞在しながら農園を利用する滞在型市民農園「クラインガルテン」があります。クラインガルテンではラウベと呼ばれる簡易宿泊施設があります。近年、都市住民が土と触れ合うなどの農業体験の場としても市民農園のニーズが高まってきています。特にクラインガルテンは非常に人気があり年々増加傾向にあります。しかし市民農園にも幾つかの制約があり、貸付期間は5年以内とすること、営利を目的とした栽培は行わないこと、などが上げられます。しかしながら、滞在しながら農業が出来る事は農業の未経験者には非常に魅力があり、田舎暮らしの準備期間としてもうってつけです。

田舎暮らし