マクロビオティック

食生活の乱れなどによる糖尿病や肥満などの生活習慣病が、非常に増えている昨今、マクロビオティックが非常に注目されています。マクロビオティックは菜食や自然食による健康法、玄米正道の食事法です。特にアメリカでは非常に注目されており、スーパーモデルや俳優や女優、エクゼクティブなどが実践しており、全米では200万人以上がマクロビオティックを実践していると言われています。マクロビオティックの発祥は、日本の伝統食をベースにしています。創設者は桜沢如一氏、60年代にアメリカで「ゼンマクロビオティック」と題する出版し、ブームを巻き起こしました。桜沢氏は、日本古来の食養生と東洋思想の易の原理を組み合わせた自然に則した食事法を確立し、世界に広めました。その後、桜沢氏の弟子である久司道夫氏が「クシ流マクロビオティック」を展開し「クシ流」以外にもマクロビオティックのグループがいくつか存在し、近年、ますます注目されています。

田舎暮らし