スローフード

現在のファーストフードの発展による食文化の画一化、食の均一化などに伴う各地域の食文化の衰退や荒廃化を危惧し、1980年にイタリアで始まった運動です。現代における食生活に異義をとなえスローフード協会を発足したことに由来します。ファーストフードとは対極の各地域の食文化を重視し、将来に伝えていこうとする運動。消えつつある郷土料理や質の高い食文化を守る、質の高い農産物の生産者の保護、子供達に正しい食教育を進める、などが上げられます。スローフードは食生活にもとどまらず、生き方や生活スタイルにも及びます。ここ数年でロハスやスローライフとともに非常に一般化されました。田舎暮らしでの地域の農産物を自給自足の食生活などはスローフードの代表的な例です。スローフードに憧れての田舎暮らしも少なくありません。

田舎暮らし