田んぼの学校

農村地域の水田、水路、ため池、里山などの自然を遊びと学びの場として活用する、自然教育活動をしていく取組み「田んぼの学校」を(社)農村環境整備センターが行っています。農村環境を遊びと学びの場とすることによって、環境や自然に対する豊かな感性と見識を持つ人間に育てることや都市部と農村部の共生、人間の共生や交流などにつなげる事が目的です。全国各地に様々な運営主体が取組んでおり、活動形態も学校の授業の一環として取組むものや、地域間の農家と非農家との交流が主なもの、農業の体験型の活動など様々です。(社)農村環境整備センターに設置している、田んぼの学校の支援センターでは、田んぼの学校活動に取組んでいる方々をネットワークで結び、活動の促進を図っています。子供達にとって農村地域の自然の中での経験は非常に重要で機会があれば参加すべき取組みです。

田舎暮らし