園芸セラピー

都市部などで緑に触れ合う機会の無い人が、普段から植物に接する事の出来る環境に移住することは医学的にも非常に良い結果を及ぼします。園芸治療、ホーティカルチャーセラピーとも言われています。心身に障害を持つ人や高齢者が植物に接することによって身体的、精神的健康の回復または向上を促す治療。花や緑の植物に囲まれていると心が安らぐ。さらに花や野菜を育てると、育てた達成感や喜びや満足感が得られ、精神的な効果が大きい。それだけでなく作業をすることによって指や腕を動かすなどのリハビリ効果などの肉体的な効果も大きいです。欧米や米国では戦争による心身に傷を負った軍人たちの回復機能、精神として広がり近年では老人ホーム、養護学校のほか、病院や刑務所でも取り組まれています。園芸セラピーは老人施設医療機関で普及しつつありますが高齢者の為だけでなく、登校拒否児や精神不安定者などの精神的健康回復にも用いられています。緑溢れる地域に移住することは非常に健康的にも意味のあることです。

田舎暮らし