ベジタリアン

ベジタリアンという言葉が使われ始めたのは意外と古く、1847年のイギリスでベジタリアン協会発足時に使われ出したのが始まりです。ベジタリアンのタイプもいろいろあり、純粋に野菜しか食べないタイプ、少数派だそうです。野菜及び牛乳やチーズなどの乳製品を食べるタイプ、ヨーロッパでのベジタリアンはほとんどこのタイプです。野菜や乳製品及び魚介類も食べるタイプ。それに加えてササミなどもOKなど、さまざまなタイプが存在しています。ベジタリアンになった人の理由もさまざまで、生活習慣病を気にしての人や、牛の放牧地を確保するために熱帯雨林などを切り開き、放牧地の確保することへの森林資源削減の抗議などさまざまです。一般的に日本人はベジタリアンが少ないと言われています。統計的にベジタリアンのガンの発生率が、ベジタリアンでない人の半分以下だそうです。健康不安が多い昨今、ベジタリアン志向の人が増えている様です。

田舎暮らし